マザーズバッグの型紙屋さん~byCorocoroly~

初心者歓迎!ハンドメイド始めてみませんか?デジカメ、DSケース、PSPケース無料型紙あります

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

当て布付合皮持ち手の詳しい取り付け方講座♪  


なんだかたいそうなタイトルですが、今日はいつもご紹介しているAz-net手芸さんにも
ある合皮の持ち手(当て布つき)の付け方を詳しく載せてみようかなと思います。

合皮の持ち手はお値段もリーズナブルで水にも強く、カラーも豊富で作品が素敵に仕上がりますよね♪
でもこの持ち手、手縫いだしつけるのが面倒!しかも4つつけなきゃいけないし。。

使ってみたいけど付け方がいまいちわからない。
つけたけど曲がってしまった!
という方必見!

私自身が何度も取り付けた経験を生かして載せていますので、
皆様の付け方や本当の付け方と相違点があるかもしれませんがどうぞおおらかにご覧頂ければ幸いです。

では沢山写真があって長くなると思いますが、お付き合い下さい♪

合皮持ち手付け方1
こちらの付け方はミシン目のように表側も裏側(当て布)からもステッチが1本という縫い方です。
見た目にもとてもスマートで中心がずれにくい縫い方ですので参考にどうぞ♪
m2
まずは合皮の持ち手を用意。
m3
縫い糸も同色のものを使うとなじみます♪
ヤフオクでも持ち手と当て布、縫い糸セットで販売されているものがありますので、
1つだけ欲しいときなど便利です。
m4
針を刺す穴は持ち手にも当て布にも同じ所に同じ数空いていますのでそこに針を通します。
m7 
指示がわかりやすいように勝手に番号をふりました。
m6
まずは持ち手の付け位置を後から消えるタイプのチャコペンなどで印しをつけます。
m5
持ち手のタブの裏側に仮止めのための両面テープを貼ります。
両面テープを貼りたくない方はマスキングテープなどを上からぺたっと貼って固定してください。
このとき、1番の穴が中心にくるようにしてとめてください。 
m8
針に縫い糸を通します。4本撚りの糸なので1本どりで縫っていきます。
48cmの持ち手でしたら片方2つ縫うのに70~80cmの長さにすると無駄なく使えます。
すべて縫うのに140cm~160cmの長さの縫い糸が必要ということになります。
60cm持ち手の場合は2つで80cm~90cm、4つ縫うのに160cm~180cm必要です。
m10
それではバッグ内側から針を刺します。
仮止めした持ち手のタブを押さえながら1番の貼り穴に通るようさしてください。
※ここが重要!
1番の穴とかしめを結ぶ線がバッグと垂直になるよう慎重に刺して下さい。
さらに2番の針穴にさすとき2番同士の穴の位置がまっすぐになるように刺してください。
ここの作業が持ち手がまっすぐに縫えるかどうかのポイントになります!
m9
引き抜いたら糸がたるまないようしっかりひっぱってください。
次は表側2番に刺します。
m11
内側に半分針が出た状態で止め、当て布を用意します。

m12
当て布も1番を下にして2番の穴に通るよう針を刺します。
m13
しっかり引いて、次は当て布3番の穴へ通します。
m14
表側3番の穴へ通るよう調節しながら刺してください。
m15
次は4番の穴へ通します。
m16
このようになみ縫いの感じで針を通していきます。
m17
右側の最後8番に通した所です。裏側8番から針がでます。
その後は7番へ刺していき今度は今までと反対に下の方へなみ縫いしていきます。
1番まで戻ったら今度は左の方へ同じように縫い進めてください。
m18
表側は完成!ステッチが1本で中心(1番)から縫い始めるのでまっすぐ縫うことができます。
m19
最後は裏側2番から針がでます。
m20
今度は表側まで貼針を出さずに当て布だけに針を通します。
m21
裏側の布だけすくって玉止めし、もう一度裏側の布に通してから糸端を切ってください。

これで完成です♪
最後までお付き合い下さいましてありがとうございました☆
持ち手を付ける際にご参考いただけるとうれしいです♪

↓少しでも参考になったという方、ぽちっと応援お願いします!↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
スポンサーサイト

category: ●当て布付合皮持ち手付け方講座

tb: 0   cm: 9

ご訪問ありがとうございます

ごゆっくりどうぞ♪

只今出品中*

カテゴリ

*Myfavorite* 

*corocoroly*

*お客様ギャラリー*

ブログ内検索フォーム

リンク

月別アーカイブ

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。